スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六日ヶ原(黒砂)

先週の土曜日。
シルバーウィーク開始と共に八丈にやってきた台風は
あっけないほどあっさりと通り過ぎました 。
翌日にはもう晴れていたよ~。心配損だ!


ということで、台風一過の日曜日 。
海がきれいに見えるところがあるよと教えられ
「六日ヶ原(黒砂)」に行ってみました。


海がキレイ・・・って、
「どこから見たってキレイじゃんね
などと突っ込みつつwww
どんなところなのか前知識なしでサンダルで出かけメチャメチャ後悔。
軽く山登り・・・イヤ、崖のぼりですよ!


車は途中で降りて、途中からは歩きだったのですが
まず、車で行けるところまで行ってみたところ
道が狭すぎ&木のアーチで車体にガツガツ枝があたる。
傷だらけ確定。でもいいの、格安中古車だから。

木のアーチ。ジャングルのよう


木のアーチを抜けたところに車を止め、ソコから歩きました。
あさぴーが爆睡だったので車に置いてった(都内ではありえない!)んですが置いていって大正解。

がけのぼり

ソコからは崖のぼりです。
すごい坂道なのに砂利がすごくて足が滑る。
私はクロックスもどきのサンダルなんか履いていたから
穴から砂利が入るわ滑るわで、うっかりしたら登った分
下まで滑り落ちるのではないかと超怖かったです。

あさひ抱っこしてなんて絶対ムリだったぜ~。
親子で崖から海にダイブするのがオチだ。

やっとひらけたところへ


ところで黒砂ってのはなんなのでしょう?
どっかのサイトの説明文引用。

『八丈島は火山の島です。
20万年前から噴火を繰り返しながら今の島のかたちになっています。
噴火の跡も島のあちこちで見られますが、ここ六日ヶ原・通称黒砂は
黒いスコリア(焼灰)の堆積と抜けるような青い空、そして黒潮の海の色のコントラストが見事なまさに絶景を楽しんでいただけます。
北西に八重根と八丈小島、北に三原山、南東に乙千代ヶ浜とその先に小岩戸ヶ鼻、そして南には、遠く青ヶ島をみながら 地球の丸みを感じる眺望、大パノラマをおたのしみください。』



ぽつんとすーちゃん見えますか?

絶壁で絶景



確かにキレイでした!
水平線がずーっと続くと、本当に地球の丸みって感じられるんですね。
うちの旦那くんは社会(専門は地理)の先生ですから
こういった地形や気候やなんやかんや、とても興味アリ。
いろいろ解説してくれたんですけど、私は車に置いてきたあさぴーと、
帰りは一体この靴でどうやってこの急坂を降りれば良いのかが心配で
なんだかゆっくり楽しめませんでした
事前準備は大事だよなあ。



整備された観光地とは違って、手付かずな自然がたくさんのこの島。
ココだってイキナリ崖とかだから、ヘタによろめいたら落ちますよ。
実際くだりでは叫びまくり、一メートルくらいはズルズルーーッと
スノボのように滑り落ちたぜ。怖い。それでもカメラは死守
これからは車にスニーカー常備します。
もう怖いのはイヤ。

下りも相当おそろしい



車に戻ったら、あさぴーまだ寝てました。
帰りも同じ木のアーチをガツガツゴンゴンぶつかりまくり。
あさひがもうちょっと大きくならないとこれないだろうから
今日はよいチャンスだったのかもです。
次回はうーん、2年後くらいにw

コメントの投稿

非公開コメント

>スノクリさん

住んでいる方からしたら、もう珍しくもないことばかりなのだろうけど、まだまだ島生活二ヶ月足らずの私からしたら珍しいものばかりですw

さあ、夏が終わって
残りの3シーズンどう過ごすのかしら?
引き続き探検を続けます!

今日は。心配していた連休の台風も被害が少なくて良かったです。東京もずっと晴れてましたよ。
八丈島は自然が豊かで、写真を見ていると羨ましくなりますね。東京ではなかなか体験させてあげられないもの。
来年の夏は超過密スケジュールで楽しめそうですね。
カキ氷、食べたーい。
プロフィール

☆けいこ☆

Author:☆けいこ☆
夫の転勤で東京→八丈島(3年)→東京。

長女→すーちゃん、次女→あさぴー、そして旦那くんと私。
4人家族の毎日の記録です。

ツイッター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク ☆☆
ひょうたん島カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。